忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

07 . November

アサドは根気よくナジムが話してくれるのを待っていた。

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ


 

拍手[1回]



その間にナジムの背中をさすったり。抱きしめたりしてくれた。

思っていたよりもずっといい人なのかもしれない。

ナジムはようやく口を開く気になった。

「家に着いてドアを開けたら」

「・・・」

「誰の声もしなかった。それどころか人の気配すら感じられない。そう思って裏庭に続く道を歩いていくと・・・」

ナジムの背中がブルブルとまた震えだした。

その手をアサドがそっと掴む。

「床が濡れていた・・・よく見るとそれは赤くて・・・その先に母、父、妹が真っ赤になって倒れて・・・冷たくなって・・・」

ナジムの声が次第に大きくなる。

ガタガタと震えながらアサドの手と服をぎゅっと握る。

「血が・・血だらけで・・床が・・・誰も動かなくて」

「もういい。わかったから・・・ナジムもう忘れていいから」

「それから・・真っ暗になったんだ・・・」

「わかった。もういい!」

震えながら大声で泣き叫ぶナジムにアサドは驚いた。

こんなに激しく動揺するナジムははじめてだった。

両腕でナジムを抱きしめて懸命に押さえ込もうとする。

だが、ナジムの瞳は開かれたままどこか遠くを見つめている。

「大丈夫!もう大丈夫だから」

ぎゅっと抱きしめながらナジムの頭を撫でていく。

ナジムはハッとして顔を上げると、その唇にアサドの唇が重なった。

唇を塞がれてようやくナジムは崩れ落ちるようにベッドに倒れ込む。

震えが止まったのを見計らってアサドがナジムの唇から離れると、ナジムの両方の瞼からは涙が流れ出した。

そのままベッドに顔を埋めて泣きだした。

アサドはベッドに背を向けて歩き出した。

背中越しに

「後ほどお迎えに参ります」

とドアを開いて出ていった。

<続く>

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れ様でした。

web拍手をありがとうございました。


 

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]