忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

16 . December

立って歩くと奥から

※ここからは18歳以上のかたのみどうぞ

拍手[3回]



ずぐんずぐんと突き上げられているようだった。

「あっ・・・んっくっんんん」

ナジムが小さく声を漏らすとアサドはナジムの体を抱えるようにして歩いた。

「マラーク様、お体の具合でもお悪いのでは?」

従者がマラークになりすましたナジムを気にした。

それにしては赤い顔で目が潤み、まるで誘っているかのような色っぽい顔をしている。

このままではまたカマールに手を出されても仕方がない。

「これは貞操帯です。外さなければあなたの体に心配はございません」

アサドはいつになく楽しそうにそう言った。

そんなにも自分が憎いのかと思っても、すぐにそれは下から突き上げるような疼きに変わる。

「アサド・・・これ嫌・・・」

どうしても普通に歩くことができない。

車に乗って移動している間は問題ないが、降りて歩けばその姿がおかしいことは誰が見てもわかるはずだ。

「では本日はマラーク様は腰を痛めたことにして、私があなたを抱いて移動いたしましょう」

ナジムアサドの顔を見上げた。

そこにはまた表情を読み取ることができない無表情な顔でナジムを見下ろしていた。

「そんな・・・」

「ではご自分で歩かれますか?」

それは無理だと言ったはずだが、アサドには軍に行くことをやめるという選択肢はないらしい。

ナジムは諦めた。

「アサド抱いて行って」

「はい、そういたしましょう」

やがて車が到着してドアが開けられると、ドアの前にはカマールが恭しく出迎えていた。

まるで何もなかったかのようにしらじらしくすました顔をしていた。

ナジムはプイッと横を向くが、その勢いで体の中の張り型が動いた。

「はっ・・」

思わず甘い声を漏らしてしまってからカマールを見たが、気がつかなかったらしい。

ナジムは胸をなで下ろしたところに、アサドがナジムを抱き上げた。

「んんっ・・・」

その動きでまた後ろから甘い痺れが体に走った。

アサドは相変わらず無表情なまま

「申し訳ございませんが、本日マラーク様は腰を痛めておられて歩くことができません」

と伝えると、カマールはナジムに近づいて耳元で

「これはこれはまたお盛んでいらっしゃる」

等と下品な言葉を囁いた。

ナジムは唇を噛みしめたが、ここで何かを言っても無駄だと考えて微笑む。

「ほう、これはまた失礼な物言いでございます。本来でしたらあなたなどこのマラーク様には一歩たりとも近づけたくはございませんが、またそのような失礼なことをおっしゃるなら退席ください」

アサドがひしゃりとカマールに言い放つとカマールは

「はっ、大変なご無礼をお許しくださいませ」

とひれ伏した。

アサドはナジムを横抱きにしたまま軍の客間へと進んだ。

後ろでカマールが誰かに合図したことにも気がつかなかった。

ナジムが客間のソファーに下ろされた。

「うわっ・・・あああっ」

その刺激が直接内壁を抉る。

「いい加減声は我慢したらどうです?」

「だったらこれをはずして」

「それはできません」

アサドはナジムが苦しむ姿を見て喜んでいるらしい。

そこにカマールの部下がアサドを呼びに来た。

「アサド様すこしよろしいでしょうか?」

「どんな用ですか?」

アサドが腰を浮かせると彼はアサドに耳打ちした。

「すぐ戻るから絶対に動かないでください」

ナジムにそう言って客間を出て行った。

歩けないのに動けるわけがない。

ナジムはため息をついた。

「おや、どうした?」

急にドアを開けて入ってきたカマールがナジムを見つめる。

「あのお堅い男はしばらく戻ってこねぇから、それまでたっぷりと楽しもうじゃねぇの」

やはりこの機会をうかがっていたのだとナジムはソファを動く。

「うっ・・くっ・・」

甘い声を漏らすとカマールがニヤリと笑った。

 

<続く>

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れ様でした。

web拍手をありがとうございます!!

 

 

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]