忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

15 . October

「一体どのようなものでしたか?」

宴の席に戻ってきたマラークに、アサド心配そうに声をかけた。

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

 

拍手[3回]



王はあのまま奥の部屋に籠もっている。

商人も一足先に席に戻り、何もなかったかのように別の商品を見せていた。

「うん、変わった動物だったよ。父様がたいそうお気に召されてね。だから今もその動物を可愛がっているんだ」

マラークはピクリとこめかみの辺りをヒクつかせながらも笑顔を浮かべた。

アサドは奥を振り返って、それをまた女だと思ったのか苦笑した。

「お体に触らない程度になさってくださればいいのですが・・・」

さすがに優秀な男は鋭かった。

だがまさかそれが、アサドも大好きな王子そっくりの奴隷だとは知るよしもなかった。

 

一方王は早速少年を味見しようと客室へ入り、従者に部屋の外に立たせていた。

宴で中座した王に后が探しに来ても、絶対に入れないよう言いつけてあった。

「良い子だからおとなしく出てきなさい。お前が逆らわなければ酷いことはしないよ」

王はニコニコと笑みを浮かべながら右手を籠の中にさし出した。

少年はおずおずと開けられた籠の入口に近づく。

「捕まえた」

王は嬉しそうな笑みを顔中に浮かべながら、裸の少年の鎖に繋がれたままの手首を引いて自分の腕の中に抱き寄せた。

サラリと滑るような肌は思ったとおりハリもありしっとりとしていた。

少年は少しだけ驚いたが、すぐに諦めて王の腕の中でおとなしくする。

「良い子だ・・そうだお前には名を授けよう。う~ん・・その美しい瞳にちなみ、ナジム(星)というのはどうじゃ」

「ナ・・ジム?」

少年が初めてその花びらのような唇で言葉にすると、王はそれだけで満足した。

「そうじゃ、良い子だのう」

と金色の巻き毛を撫でてくれた。

彼はその行為がとても心地よかったのか、子猫のように目を細めてうっすらと微笑んだ。

王は彼を抱き上げるとそのまま豪華な天蓋つきのベッドに運んだ。

そこでナジムの体をベッドの上に横たえると

彼の花びらのような唇に自分の唇を押しあてた。

「んっ・・・」

一瞬少年は驚いたが、そのまま諦めたようにおとなしく横たわっていた。

王はナジムの唇をさんざん貪ってから、首筋や鎖骨、ささやかに色づいている乳首を嘗め回す。

ナジムはその行為にひたすら耐えているようだった。

その行為がしばらく続き、ようやく解放されてナジムが目を開けると

王はその顔の上に膝をついて跨った。

「良い子だから・・・」

と王は忙しなく腰紐を解いて自らの欲望をナジムの顔の上に差し出した。

既に興奮していた王の雄をナジムは怯えた目で見つめていたが、その頭を王に押さえ込まれると、ナジムの花びらのような唇に猛ったそれの先っぽをねじ込んだ。

ナジムが嫌々をするように首を左右に振っても、許さずにグイグイと欲望に堅くなった楔が

ねじ込まれていく。

ナジムは苦しさに目に涙を浮かべていた。

王は可愛い天使が涙ながらに己の欲望を咥え込んだ顔を見て、それだけで欲望を更に堅くした。

ナジムの可愛らしい唇から涎を溢れさせながら、はみ出してしまうほどの楔を強引にねじ込むことに、妙な興奮を覚えた。

時折白く滑らかにナジムの肌に触れてやると、唇が閉まって余計に煽られた。

だが、すぐにイってしまうのはもったいなくて、王は一度唇からそれを抜き取ると

今度はナジムの白い肌をもう一度ザラザラとした舌で舐め始める。

指の先から腕、肩、脇の下、鎖骨から胸へと王の舌は余すところ無く舐め回した。

「ああ・・・んっ・・・」

ピンク色に色づいている乳首にザラリと舌を這わせただけで、ナジムが小さく声を出した。

「かわいいではないか」

王はナジムの乳首をきつく摘む。

「くっ・・・あぁぁぁ」

ナジムは高い声を上げて顔を歪めるのを楽しそうに眺めていた。

何度も舐めたり吸ったりして、そこがしこりを持ちはじめると、今度は指先でコロコロとこねた。

「ん・・・あっ・・・はぁ・・」

色っぽい吐息を聞きながら王の楔は更に堅く張りつめた。

もう一度吐息を吐き出すその唇にそれをねじ込んだ。

「んっ!!くんっ・・・」

ナジムは一気に喉の奥までねじ込まれた楔に、大きく瞳を見開いている。

王は腰を振りながらナジムの唇が真っ赤になるほど擦りつけて

その姿に欲情し、それだけでナジムの口の中に欲望を吐き出した。

「ゲホッ・・・んふっ・・」

ナジムは苦しげに咳き込むが王はナジムの唇にいやらしいキスをした。

「これから毎晩お前を可愛がってやるから、楽しみにしていなさい」

背中にきつく吸い付かれてしっかりと王の痕跡を残されたナジムはただ涙を流した。

彼にはここでは人権さえ与えられないのだと・・・

<続く>

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまでした。

web拍手をありがとうございます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]