忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03 . February

 

「言ったろ前世でお前と恋人同士だったって」
 

 

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



 

夢の話まで光長は頬を染めながら全てを語った。雅秀は口元を上げながら
「それは過去に起きた事実だ。お前の潜在意識が徐々に思い出しているんだろう」などと笑う。
はたしてそれは良い思い出なのだろうか?次第に光長の不安は濃くなっていく。
布団に横になって雅秀が腕枕をしている。そのおかげで雅秀の顔がすぐ側にあることが、今更照れくさくて下を向く。
すっかり夜も更けて、季節外れの古い木造の旅館には他に泊まり客も少ないせいかすっかり静寂につつまれていた。雅秀が動くシーツが擦れる音さえ響き渡る。
窓の外からは川が流れる音が聞こえてきて、それはとても心地よく響いていた。
雅秀は片手で不自由そうに煙草を取り出すと口に咥える。ジッポーのカチャリというふたの音がしてすぐにオイルの独特の匂いがして煙が燻る。
光長は黙ったまま布団を見つめていた。
雅秀がまるで昔話でも語るように話し始めた。
「お前、八百比丘尼(やおびくに)って聞いたことがあるか?」
唐突に問いかけられてかぶりを振ると「そうか」と続ける。
「じゃあ人魚の肉とか血を口に入れた者は不老不死になるという伝説は知っているか?」
「ああそれなら何かの本で読んだことはある。どうせ誰かが考えたおとぎ話だろ」
光長は少し微笑んだ。枕元に置かれた行灯が光長のきれいな笑顔を映し出すと雅秀は腕枕にしていた腕で光長の頭を抱え込むと、その額に唇を押しあてた。そして雅秀も僅かに微笑んだ。
「戦乱の時代に俺たちのような浪人が生き残れる確率は低かった。そしてようやくお前を手に入れた俺は少しでも一緒にいられる時間が欲しかった」
雅秀はそこまで言って煙草を吸った。
光長は黙って吐き出された煙の行方を見つめている。雅秀は煙草を灰皿にもみ消してもう一度光長の頭に口づけた。フワリとした唇が今度は少しだけ移動していく。
「これを飲めば不老不死になれるかもしれない。その日はなぜか気分が良くてとある酒場で知らない男に酒をご馳走した。そうしたらその男はそう言って小さな陶器の容器を差し出した。俺はそれを受け取ってお前が待つ道場の部屋に帰った。」
雅秀の話は光長がときどき見た夢と重なる気がする。
道場、戦乱の時代など背景がよく似ている。だからといって雅秀が言う前世の話など信じられない。大きな瞳で雅秀を見つめていると雅秀はその頬に片手を添えた。
目の前に雅秀の顔だけが広がる。こうしてじっくり見たことはなかったが、思っていたよりも優しい瞳をしている。そして何よりも男らしいシャープな顔立ち。見つめているだけで体中に熱が灯ってきそうで光長は目を逸らした。
すると頬に触れていた雅秀の指先が体を這って胸の尖った部分を摘み上げた。
「あっ・・・やめっ・・」
「ずっと触れられたくてこんなに固く張りつめていたくせに・・・お前ちゃんと話聞いてるのか?」意地の悪い言葉が耳元で囁かれる。だが摘まれた胸の尖りから広がる甘い痺れに感じやすくなっている光長は虚ろな瞳を雅秀に向けた。
「してください・・・って顔しやがって。だからお前は他の奴に簡単に・・・」
それ以上は言われたくなくて光長は雅秀の口を手で塞いだ。雅秀は腕枕していた腕を動かすと光長の手を退かす。そのかわりに唇を自らの唇で塞いだ。
また話は途中のまま体中が雅秀に浸食されていった。

<「弦月」温泉宿にて7へ続く>

 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまです。

web拍手もありがとうございます。

 

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]