忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
06 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09 . January

 

大きなビルの前でタクシーが止まった。
 

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



 

田舎で周りには家も殆ど建っていないような場所なのに突然広い敷地に建物がいくつか建ち並んでいた。
支社兼研究所兼工場らしい。
寮やホテルリクレーション施設を併設しておりここだけでリゾート都市のようになっていた。
「ここが支社なのか?」
光長は正面の大きなガラス張りのビルを見上げた。
タクシーの支払いを済ませた雅秀は降りると先になって正面の階段を登り始めた。
階段を上ると正面入り口の自動ドアが見えた。
自動ドアを抜けると受付に向かって真っ直ぐに歩いていった。
「本社の森本です。こっちは風間」
「お待ちしておりました。こちらをどうぞ」
受付カウンターに肩肘をついてウインクする雅秀に受付嬢はうっすらと頬を染めながらカードになっている名札を2枚手渡した。
「サンキュ、山本さん」
雅秀に名前を呼ばれて受付嬢は更に赤くなった。瞳をそらすようにしながらお辞儀をする。
「ごゆっくりどうぞ」
光長はそんな雅秀の様子を隣で見つめて呆れている。
この男は誰でも良いのだろうか?まぁ確かにこの受付嬢はランクで言うと中の上ランクといえそうだが・・・
光長の目の前でわざとらしく雅秀は差し出されて手を掴んだ。
彼女の視線が雅秀を捕らえた。雅秀の唇が吸い込まれるように彼女の頬に触れた。
光長は何故かすごくばからしくなって名札を奪うようにして取ると中に向かって歩き出した。
「おい、待て」
雅秀の声が聞こえたが、無視してビルの中に向かって進んでいく。
これ以上あんな場面を見せられるのはたまらない。
ずかずかと歩き出すと何かにぶつかった。
「おっと失礼」
ぶつかってふらつく体を白衣の袖が支えてくれた。
「あ、こっちこそ申し訳ありません」
光長が顔を上げると白衣を着たボサボサの長髪を無造作に後ろだ束ねた男が光長の顔を見下ろしていた。
キラキラとした瞳は少年のように希望に満ちあふれている。
「本社の人?」
「はい、一応」
「ラッキーだな、今いらしたんですか?」
「はい・・」
彼は光長の体を支えたまま嬉しそうに尋ねている。
「光長、何している?」
雅秀が追いついて、男が光長の体を支えているのを見ると眉間に皺を寄せた。
「すみません、俺・・いや私はここの研究部長をしている沖田翔太と申します。」
光長の体から手を離して男は雅秀と光長に向かってぺこりと頭を下げた。
「沖田か」
雅秀は光長を見ていた。

<「弦月」支社にて2へ続く>

 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れ様です。

web拍手をいつもありがとうございます。

いつも同じお礼ですが本当に感謝しています。

読んでいている方がいる幸せ♡

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]