忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11 . January

 

沖田はそのまま支社を案内してくれた。
 
※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



 

雅秀は光長と一緒に沖田が案内する部屋まで歩いていった。
「営業部はここです。仕事が終わったら研究棟まで来ませんか?おもしろいものお見せしますよ」
光長はそう言われて雅秀の顔を見る。雅秀は少しだけ不満そうな顔をしていたが特に予定は詰まってはいない様子だ。
「いいですよ。是非見てみたいな」
「そうですか?森本さんはどうしますか?」
「俺はこの後、支社長と話があるから、風間だけ頼む」
「えっ・・あの」
「お前はいい、支社長と約束したのは俺だから」
光長が慌てて雅秀にそう言うと、珍しく雅秀は光長を自由にしてくれた。
だが雅秀が沖田に向けた視線は鋭かった。
「はい、大丈夫ですよ。僕は支社長よりは安全ですから」
沖田は笑って「それじゃあ、後で迎えに来ます」と軽くお辞儀をすると出て行った。
沖田が去ると雅秀は廊下の隅にあった給湯室に光長の手首を掴んで引っ張っていく。
「おいっ」
光長は狭い給湯室で雅秀の腕の中に納められて慌てた。
「お前、あの男に色目なんか使ってやがったな」
「なっ・・ちょ・・」
雅秀は光長のスラックスの隙間に手を入れて尻を直に触れられた。
「んっ・・よせっ・・こんなところで」
誰かに聞かれてはいけないと光長は声を低くして抵抗する。
だが雅秀は耳元で囁いた。
「ふん、こんな状況だとお前は興奮するくせに、淫乱」
「やっ」
雅秀の人差し指が光長の蕾にねじ込まれる。
「ん・・・」
「ほら、感じてるじゃねえか」
光長の唇を雅秀の唇が塞いだ。
雅秀の荒々しい舌が生き物のように光長の口の中を舐め取っていく。
同時に蕾の中に入れた指を動かされて光長は雅秀の体を思い切り突き飛ばした。
ガタンッ!と大きな音を立てて雅秀が給湯室の床に倒れ込んだ。
「痛てっ!」
物音を聞きつけて足音がこちらに近づいてくる。
光長は慌てて給湯室から逃げ出した。

<「弦月」支社にて3へ続く>

 

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れ様です。

web拍手をありがとうございます。

 

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]