忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10 . August

 

張りつめた下肢とずっと弄られている乳首が痛いくらいにジンジンする。
 

 

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[1回]



 

花梨は涙で霞んだ視界で芳生を見つめると
芳生は肘掛けにもたれながら棒を軽く上下させて花梨の乳首に触れていた。
もう口の中の指は抜かれていた。
着物の上からでも芳生の足の間の雄も勃ち上がっているのがわかる。
彼も我慢しているのだと思うと少しだけ花梨は救われた気がした。
「もう・・・んん・・・」
自らの足で雄を挟みながら何とかしようとするとその間に芳生の指が伸ばされた。
「仕方ないですね。それじゃあこうしましょう、おまえがこう言えばこの手首の紐を解いてあげます。
解いたらお前は言葉通りのことを私にしなさい。」
芳生はそう言って花梨の耳に何かを囁いた。
花梨は僅かに眉を寄せるがもうこの状況から解放されたい一心で口を開いた。
「芳生様のまらを花梨のお口に食べさせてください。」
「ほう・・・お前という子は全く・・」
芳生は肘掛けから体を起こすと花梨の唇を塞いだ。同時に手首にきつく縛っていた紐をやっと解いた。
花梨は解かれた腕を芳生の首に回した。芳生が一瞬驚いたように瞳を見開いた。
「私はお前と長い時間を過ごしてきてお前を店に出すのが惜しくなってしまった。だがそうもいきませんね。
お前は私の店の商品だから私でもお前に傷はつけられません。
だから私をお前の可愛い口で気持ちよくしてくれますか?」
「はい、花梨は芳生様のまらを食べとうございます。そして花梨のまらも芳生様は気持ちよくしてくれますか?」
花梨は頬を赤らめて潤んだ瞳で芳生に抱きついている。同時に腹にあたる芳生の雄に指先を伸ばしていた。
「花梨・・・」
芳生は花梨の尻を両手でもみしだいた。
それからゆっくりと双丘の狭間に指先をたどる。
「あっ・・・はっ・・・ほうせい・・さ・ま」
花梨が体をくねくねと動かすと芳生が口元を上げた。
芳生が花梨の雄を握って何度か強く上下すると花梨はビクビクと体を震わせながら
白く濁った蜜をたっぷりと吐き出して芳生の手を汚した。
「可愛い花梨お前に入れてしまえたらどんなにいいか・・・でもそれは私もこらえましょう。
さあ花梨口を開けなさい」
芳生は花梨の蜜をペロリとなめてから花梨が口を開けると自らの猛った楔を花梨の口に入れた。
「あ・・とぅ・・い・・・」
芳生の楔は火傷しそうに熱くたぎっていた。
花梨がそれを咥えるとほんの先しか入らない。
芳生は花梨の頭を持つともう少し奥まで入れた。
喉の奥に芳生の楔が届くと花梨は苦しさに涙を流した。
すると芳生は花梨の雄に手を伸ばしてその袋をやんわりと揉み始めた。
花梨も次第に気持ちよくなり気づけば芳生の雄を夢中でしゃぶっていた。
芳生が花梨の口で楔を動かし始めると花梨も同時にその律動に合わせて頭を動かし始めた。
やがて芳生の動きが止まり花梨の口の中にたっぷりと欲望の蜜を吐き出した。
花梨はそのままごくんとそれを飲み込むと芳生はたまらず花梨の尻を持ち上げて自分の楔の上に落とした。
「我慢できない。もうお前は私だけのものだ。私がお前の最初の男になります」
「あああ・・・んんん・・・」
たった今いったばかりなのに芳生は衰えてはいなかった。
花梨の梨の花のようにほんのりと赤い蕾に芳生の熱い楔が埋め込まれていく。
体が避けてしまうのではないかという痛みが花梨を襲って花梨は芳生の着物にしがみついていた。
「くっ・・・ああ・・きつい・・もっとゆるめなさい。そうでないと傷つけてしまう」
「ああんんん・・・いっ・・・くっ・・・」
花梨はイヤイヤと首を左右にふるばかりで子供のように瞳から大粒の涙を零している。
「仕方ないですね」
芳生は花梨の乳首に舌を這わせて吸い上げると僅かに花梨の蕾が緩くなった。
同時にもっと奥まで楔で串刺しすと花梨が弓なりに背を曲げた。
芳生はその背をなだめるように何度も撫でながらゆっくりと奥まで体を進めていった。
熱くて硬くて大きい芳生が花梨の中に存在することを花梨は実感していた。
「ほ・・う・・せい・・さ・・ま・・・」
花梨が微笑むと芳生が眉根を寄せた。
「馬鹿、歯止めがきかなくなりますよ」

<「梨の花」8へ続く>

 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れ様でした。

web拍手とブログ村ボタンを押していただき、ありがとうございました。

数日空いてしまいましたが少し長めに書きました。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]