忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

07 . September

 

翌日、桔梗は楓に呼ばれて部屋に向かうと客を送り出すところだった。

 

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[1回]



 

「桔梗、目が赤いみたいだね」
楓に言われてプイッと横を向いた。
そういう楓の方が真っ赤に腫れた目をしている。あれからどれほどこの男に愛されたのかが一目瞭然だった。
「桔梗どうしたの?」
萩月は桔梗が楓に素っ気なくて驚いていた。
いつもなら楓にまとわりついている桔梗がそっぽを向いている。
「それじゃあ私はこれで、楓また会おうね。すごく良かったよ」
男は楓の耳元でそう囁くとぎゅっと楓の細い背中を抱きしめてまだ白い夜明けの町に出て行った。
「まいど」
楓も色っぽい微笑みで客を送り出した。
客の姿が見えなくなると桔梗に声をかけた。
「お湯をあびたいので準備を」
そう言って部屋に戻っていった。
桔梗と萩月も後ろからついていく。
「あ、私は食事当番だった」
萩月はそう言って調理場の方へ走っていった。
桔梗はひとり楓の部屋の襖を開いた。
まだ広がったままの褥が昨夜の激しさの余韻を残しているようで桔梗はわざと窓を開けた。
楓は座って髪に櫛を通していた。
「桔梗、昨日私の部屋に来たね」
いきなり楓にそう言われてビクンと肩を振るわせると、楓が怖い顔で桔梗を見ていた。
「覗いたんですか?行儀が悪い子だ」
そう言って真っ赤な瞳が桔梗に近づいた。
桔梗は思わずその頬に触れながら瞼にそっと指を乗せた。
「姉さん痛くないんですか?」
昨日の光景を思い出しながら楓を見上げると楓が睨んでいる。
「私だけじゃない、お前だってやることだ。なるべくならまだ見せたくはなかったが」
「・・・・おれ・・も」
楓がゆっくりと頷いた。
「さ、風呂場に行きましょう。体がベタベタだ。お前に洗ってもらいたい」
楓はそう言って立ち上がった。

<「桔梗」19へ続く>

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまでした。

web拍手とかブログ村ボタンを押していただいて

嬉しいです。皆様のおかげで更新しています。

ありがとうございます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]