忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02 . December

「すごい・・・すごいすごいすごいすごい」

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[2回]



マラークが歌い終わった青年に絶賛する。

だが、それはマラークに限らずね誰もが彼の魅力的な歌に釘付けになっていた。

「アサド、彼が欲しい!!」

アサドは瞳を見開いてマラークを見た。

そしてテーブル越しにマラークをなだめようとして、手をのばしたのとマラークが立ち上がって青年に駆け寄ったのが同時だった。

いや、正確にはマラークの方が一瞬早かったのかもしれない。

アサドが止める前にマラークは青年の側にいた。

彼はマラークを一目見て、ここにいる誰よりも輝いていたマラークの手を取るとキスをした。

「天使が舞い降りたのでしょうか?僕は夢を見ているのかな」

とマラークに微笑みかけた。

「何を言っている?君の歌の方が天使の歌声だよ」

マラークも彼に微笑んだ。

ようやくアサドが人をかき分けて近づくと、マラークと気さくな彼はすっかりうち解けていた。

「マラーク様」

「あれ?君はマラークって言うの?様ってことは君は良いところの御曹司か何か?」

アサドの呼びかけに彼がマラークを見つめる。

アサドはしまっという顔をしつつもすぐに切り返した。

「私の主人です」

その言葉に彼は興味深そうにマラークを見つめた。

「僕はマラーク。君の名は何?」

「カミール」

しかし、マラークは全く警戒せずに彼に名を尋ねた。

「カミール、家に来て僕のために歌ってくれない?」

単刀直入すぎる誘いにアサドは慌てた。

だが、カミールは驚いた様子もなく、人の良さそうな笑顔でマラークを見た。

「君のようなきれいな子の前で歌えるのなら、僕の歌は更に磨きがかかるよ」

「ちょっと待った!!」

そんなやりとりを黙って聞いていた店のオーナーらしき男が、突然割って入ってきた。

「お前には借金があるんだから、それを払い終えないうちはうと以外の店で働くことは許さないよ」

その言葉にカミールが両手を開いて肩をひょいっと上げた。

「そうだった。やっぱりダメみたいだ」

こいつは最初から知っていて言っているのだとアサドはカミールを怪訝そうに眺めた。

「じゃあ、その借金を払えば連れて帰ってもいいの?」

「マラーク様、お戯れも対外に・・・」

「うるさいよアサド!」

カマールがはじめてアサドに逆らった。

アサドはショックでそれ以上言葉を発することができなかった。

「いいけど、そんな安い金額じゃあないぜ」

店のオーナーがマラークに凄んだ。

しかしマラークはそんなオーナーにさえ天使のような笑顔を向けた。

「しょうがないな坊ちゃん、一晩。俺に付き合えば考えてもいいぜ」

同時にアサドは店のオーナーの襟を掴んでいた。

「冗談だよ・・・だが高いってのは本当だ」

アサドの迫力に店のオーナーも負けたのか苦笑した。

結局アサドはマラークに後日カミールを迎えに誰かを来させることでマラークを納得させた。

店を後にしながらアサドは無口になる。

するとマラークはアサドの後ろから両腕で背中を抱きしめてきた。

驚いて立ち止まるとマラークは顔をアサドの背中に押し当てた。

「アサドさっきはごめんね。でも僕、本当に友達が欲しくて・・・」

そんな風に言われるとアサドは承諾するしかなかった。

数日後、カミールをマラークの従者の一人して城に迎えた。

 

マラークが寝静まった夜中、アサドは一人自分の部屋へ戻った。

ようやく静寂を迎えるとマラークに抱きつかれた背中の感触を思い出した。

それだけでアサドの体の血が沸騰するように熱い。

自らのズボンの前に手を入れると、おもむろにその熱を引き出した。

すっかり堅くそそり立った雄が痛々しいほどパンパンに張り詰めていた。

たったあれだけのことなのにマラーク様のことを考えただけこんな風に体が熱い。

「ん・・・くっ・・・はっ」

アサドは雄に指を絡ませながら上下に動かす。

先端から先走りが溢れ出して擦り上げる指の滑りを更に早めていく。

「ああ・・・マラーク・・んっくっ・・」

名前を呼びながら溜まっていた白く濁った蜜をたっぷりと手に吐き出す。

こんな風に自慰をしたのは一体ここに来て何度目だろう。

マラーク様ご本人には決して気づかれないようにしている分、その反動は大きい。

アサドはそれを洗い流すためにシャワールームへ向かった。

<続く>

 

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了お疲れ様でした。

web拍手をありがとうございました。

冬コミ原稿終わりました\(^o^)/

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]