忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

19 . October

マラークはアサドの許可をもらって、翌日も夜の10時になると部屋を抜け出して

真っ直ぐにナジムの部屋へと向かった。

※ここからは18歳以上のかたのみどうぞ

拍手[2回]



部屋でアサドがどんな思いでいるかも知らずに、とても楽しそうに出て行った。

ナジムの部屋には最小限身の回りの世話をしている従者が一人だけいた。

マラークは彼のことをよく知っていた。

「カミールだね」

カミールはマラークの姿を見ると驚きもせずに静かに姿勢を低くしてお辞儀をした。

以前アサドと一緒にマラークの世話をしていたが、マラークが成長すると同時にいつの間にかマラークの側から居なくなっていた従者だった。

「覚えていてくださって光栄でございます。そしてあなたに瓜二つのナジム様の身の回りの世話ができることも、王様には感謝しております」

「そうなの?ナジムのことよろしく頼むよ」

「はい」

マラークの無邪気な笑顔はどんなに罪深いものか、このカミールはよく知っていた。

カミールもアサド同様王様がどこからか連れてきた優秀な男だった。

見た目はアサドよりも少し柔らかい感じでひとあたりが良かった。

それは恐らく彼の瞳がヘーゼルだからかもしれない。その髪の色も茶色かった。

マラークはカミールの案内でナジムが座っているカウチの前間できてハッとした。

すぐにカミールを振り返った。

「どうして?!なんで女の格好なんかさせてるの!」

ナジムは煌びやかな衣装を着けてもらっていたが、それは姫が纏うような衣装で下もドレスだ。

ナジムは赤い顔をして困ったような視線をマラークに送っていた。

だが、カミールは少しだけ微笑むと

「あまりにマラーク様に似ていらっしゃるので、王が連れて歩かれるときに不便だとおっしゃられて、女装なら顔も隠せるのでそういった意味でございます」

別に王様に下心があって、そのためにこんな格好をさせてるわけじゃないと聞けば、マラークも納得した。

ナジムの側に寄ると、それを英語で説明してあげた。

「英語ならわかるのですか?」

カミールは少しだけ驚いてマラークとナジムを見比べた。

「うん、カミールもナジムに言葉を教えてあげてよ。そうすればもう少しここが楽しくなると思うんだ」

屈託のない笑顔はマラークの育ちがいいからだとカミールは心の中で思いながら頷いた。

それからナジムの複雑な表情を見つめて、フッと思いついたことがあった。

育ちの良いマラークは人を疑うという事さえ知らない。

だからアサドはマラークから片時も離れようとはしなかったと、マラークにはわからなかった。

 

ナジムが来てから一ヶ月が過ぎようとしていた。

王はナジムのところへ入り浸るのかと思われたが、以外にも初日に味見をしてから強引なことはしなかった。

普通の妾達のように、街へ買い物に出かけたり、食事に行ったりするだけで体に触れようとはしない。その理由はカミールなのかもしれない。

ナジムは相変わらず女物の衣装を着飾っていたが、それだけでも王は満足しているらしい。

マラークはいったいどんなことを言ってカミールが王を止めているのか不思議だった。

「今夜もお出かけですか?」

あまりに熱心なマラークに遂にアサドが声をかけてきた。

今まで瞳を輝かせてアサドの話を聞いていたマラークが、このところどこか上の空だった。

だが、夜になると嬉しそうに出かけていくことが腑に落ちなかった。

「うん」

マラークがそれだけ言って出て行くので、この日アサドは遂にマラークの後をつけた。

そしてマラークの入っていく部屋でアサドはとても美しい姫を目撃した。

それはあまりに衝撃的で呆然としてしまうほどだった。

アサドにとってマラークが最愛の人であるのに、そのマラークを女にしたような容姿をしていたからだった。

呆然としながら足取り重くマラークの隣の自分の部屋へと戻っていく。

それをニヤリと笑いながらカミールが見送っていた。

<続く>

 

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまでした。

web拍手をありがとうございます

 

 

 

 

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]