忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01 . May

「私を抱いてもいいぞ」

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[3回]



カミールはクスクスと笑った。

「俺はあんたが好きだけど、そういう上からものを言うような高飛車な態度が気に入らない。あんたがそう望むのなら思い通りにはしないよ」

マラークは船の中でカミールに探りを入れようとした。

「それじゃあ一体何が目当てなんだ」

両手首を後ろ手で縛られ、両足も拘束されていた。

かろうじて口は塞がれていなかった。

「それとも誰かに頼まれたのか?」

拘束されているにも関わらずマラークの瞳は興味津々といった感じで輝いていた。

その真相を知りたくて目の前にいるカミールに問い詰める。

カミールは椅子の背もたれに寄りかかるとため息をついた。

「少しは自分の身を案じたら、そんな風に楽しそうに問われると、こっちは興ざめもいいとこなんだけど」

いつでも誰もがマラークのいいなりになるブルザード公国とは違い、ここでは誰もマラークの言うことなどきかない。

と言ってもまだカミールと商人だけしか会っていない。

この船を降りて、自分がどこかへ連れて行かれればそれははっきりするのだろう。

この先多分誰もが自分を蔑んで、酷い目にあうのだろう。

酷い目ってどんなのだろう?

何かの本に指を一本一本折られるとか、足の指の間に針を刺されるとか、もしくは性的な暴行とか、殴られる?どれも嫌だけど新鮮すぎてワクワクする。

マラークには怖いものがなかった。

本当に恐ろしかったのは教育係のアサドが怒ったときだけ。

彼は本当に恐かった。

悪さをすると外出することを禁じられ、一日中くどくどと説教をされた。

退屈ほど怖いものはないとマラークは感じていたのだ。

「ねぇ、私は売られるの?どんなところ?そこで私は奴隷になるのか?それとも性奴か?」

「あのねぇ~王子様、そのお育ちの良さ何とかして。何も知らないからそんなに楽しそうに言ってるみたいだけど、あんた性奴ってどんなことされるか知ってる?」

「さぁ?わからん。お前は経験したのか?」

カミールは唇を噛みしめる。

悪気がないのかもしれないが、本当に人の気を逆なでする。

カミールはブルザード公国を追われたときにこの商人に売られたことがあった。

それも性奴としてフランスの貴族のおもちゃにされた。

その時のことは思い出したくもなかった。

両手で自分の体を抱きしめながらブルブルと震えていると、マラークが体を寄せてきた。

カミールは不思議と落ち着いてきた。

「知りたければ教えてやる」

カミールはマラークの青い瞳を見つめながらそう言った。


<続く>

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れ様でした。

web拍手をありがとうございます!

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]