忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01 . June

結局マラークは気を失うまで続けられた。

※ここからは18歳以上の方のみどうそ

拍手[4回]



一体何回イかされたのかもわからない。

最後は出るモノもなかった。

スティーヴンはマラークを抱きしめたまま眠っているのか首筋に吐息がかかる。

その晩マラークは夢を見た。

 

きれいな薔薇が咲き誇る庭の中

池の畔に建てられた東屋で池に浮かぶ水鳥を見ていた。

そこに誰かの呼ぶ声がする。マラークが振り向くとそこにはアサドが立っていた。

「早くお部屋で勉強をしないと王様に叱られますよ」

優しい微笑み・・・

あれ?アサドってそんな顔で笑うんだっけ?

「アサド?」

「どうしたんですか?あなたはもっと堂々としているべきです」

いつもの説教はやっぱりアサドだ。

だが近くに来たアサドはスーツなんか着ている。

「誰?」

急に霧が深くなってアサドの姿が見えなくなった。

「淫乱王子」

スティーヴンだ。

彼はマラークの側まで来ると東屋で押し倒してきた。

「何だ、お前は俺が買ったんだどうしようと俺の自由なんだ」

とキスをする。

 

ハッとして目を覚ますとスティーヴンがキスをしていた。

「おはよう」

ああ・・夢ではなかった。

妙にリアルな感触だと思ったんだ。

「この、暇人め」

マラークがスティーヴンの瞳を見つめた。

スティーヴンはクスッと笑う。

「アサドって誰?王子様の何?従者?禁断の恋かな?」

寝言を言ったのか?!

しかもそれを聞かれていたなんて・・・

「そんなんじゃない、私の教育係だ」

スティーヴンはそう言うマラークの唇をもう一度塞いだ。

何だか強引なキス。

朝からこの男は全く・・・

マラークは目を閉じずにスティーヴンの顔を見つめていた。

<続く>

 

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れ様です。

web拍手をありがとうございます。

 

 

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]