忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03 . June

「キスの時には目を閉じてるもんだよ」

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[2回]



一体誰がそんなこと決めたんだよ・・・

余裕たっぷりにティーポットを持つ仕草が気障で気に入らない。

マラークはガウンを羽織っただけの姿で立ち上がる。

スティーヴンの横を通り過ぎるとテラスの前に立った。

まるで天使がテラスの前に降り立ったのかと見まがう程眩しい姿にスティーヴンは手をかざした。

「庭へ行きたい」

真っ直ぐに見つめられてティーポットを持ったままの姿でスティーヴンは動けなくなった。

首をかしげながら微笑む天使?それとも小悪魔か?

スティーヴンはゆっくりと近づいていく。

マラークは太陽を背に微笑んだ。

「ねぇ、連れてってくれるの?」

「いいとも」

スティーヴンはマラークの羽織っただけのガウンの前を締めて紐を結ぶと両腕を回して抱きしめる。

そのまま肩に担いだ。

「何で担ぐの?」

「王子様の足を汚したくない」

「あはっ、よく言うよ」

マラークはスティーヴンの背中に顔を押しつけた。

視線を落とすと薔薇の花がきれいだった。

良い匂いもする。

程なくスティーヴンはマラークを東屋まで連れてきた。

自宅の庭だから誰もいないのは当然なのかもしれないが、とても広い。

今日はアビーは休みだろうか?

などと考えているとスティーヴンが

「アビーも今日は休ませた。あまりに刺激が強かったから、お前にはしばらく会わせない」

ああ、どうりで・・・マラークは納得した。

マラークは東屋のベンチに下ろされた。

なぜか周りに薔薇の花びらが敷き詰めてある。

とても良い香りがして幻想的な空間だった。

「足を下ろしてみなさい」

スティーヴンに言われたとおり足を下ろすと、花びらの下には水がありひんやりと冷たくて心地良い。

「この季節にはこんな風に薔薇の花びらで水面を飾る。美容にも良いらしいぞ」

「私は女じゃない」

マラークが頬を膨らませるとその顎を掴まれた。

スティーヴンの顔が近づいて唇が塞がれた。

ベンチの背もたれに押し倒されてスティーヴンの唇はせっかく隠した肌を暴いていく。

紐を解いて露わになった赤い乳首を啄んでいく。

「あっ・・・」

「ここ・・お前は敏感だな」

指先で弾かれてツンと尖ったそこを思い切り吸い付かれる。

「んん・・・」

「なんだ、こっちももう濡れてるじゃないか」

ステイーヴンの手がマラークの雄に触れる。

開放的な庭の真ん中でマラークは白い肌を晒している。

薔薇の花びらに囲まれたその姿は本当に美しかった。

<続く>

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れ様でした。

web拍手をありがとうございます。

 

 

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]