忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10 . June

あれからスティーヴンは急に仕事が忙しくなったのか3日間もマラークの部屋にはこなかった。

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[3回]



その間、服の仕立屋や靴屋、ヘアスタイリストなどが次々にやってきた。

「うわぁ~本当に天使みたいです。いや、失礼。でもマラーク様のような方は滅多にお目にはかかれません。いっそのこと背中に羽根が付いた服でも作ってしまいましょうか」

それはちょっと・・・と曖昧に微笑むとまた仕立屋はニコニコと採寸するふりをしながらマラークの体に触れた。

このっ!

マラークは笑顔の下でそんなことを思った。

 

「ガラスの靴を作りたくなるほどです。いかがです?私にお時間をくださればあなた様に羽の生えた靴を差し上げますが」

靴屋の男はマラークの足を舐める。

時間をくれとはマラークに相手をしろと言っているんだろう。

主人が不在だからといって、もし主人にしれたら・・・などと考えないのだろうか?

それともあのスティーヴンの差し金なのか?

最後に来たヘアスタイリストは無口な職人肌の男だった。

マラークが育ったブルザード公国と同じような肌の色と黒い髪と黒い肌の男だった。

「長さはどのくらいがよろしいですか?」

その男にアサドを思い出した。

「あなたはどんなのが良いと思う?」

マラークは男の首に両腕を回して抱きついた。

「お戯れはご勘弁ください。きちんと仕事をせねば叱られます」

そんなところがよく似ていた。

マラークはつい懐かしくて彼の頬にキスをした。

「・・・・・・・・」

彼は戸惑うがその顔色は赤くも青くもならなかった。

案外馴れてるのかもしれない。

マラークはどこかでそんな風に考えていた。

「私は・・・」

その男は鏡越しにマラークの瞳を真っ直ぐに見つめた。

「せっかくなのでこの髪は伸ばされた方が良いと思います。絹糸のようにキラキラと美しい髪ですので大事にされるべきです」

どこまでも仕事に忠実なのか・・・

マラークはニヤリと笑った。

「長いと洗うのが面倒なんだ。乾かすのだって面倒だし、お前が私の髪を洗って乾かしてくれるなら伸ばしてもいいよ」

マラークはわざとらしく片手で髪に触れた。

すると彼はマラークの足下に跪いた。

「もったいないお言葉に感謝いたします。実は私の父親の国にあなた様そっくりな王子がいらっしゃって、たった一度子供の頃に見ただけでしたがとてもお美しいお方で」

彼はキラキラと瞳を輝かせながら遠くを見つめていた。

その純粋さにマラークは悪戯心が芽生えた。

「ざぁんねん!その王子様はここの主で金で買われて毎晩酷いことをされていました」

わざとおどけた様子で男を見下ろしたが、彼の表情はまた面をつけたように無表情に変わった。

「さ、お戯れはそのくらいにして髪を切りましょう」

「お前、名を何という?」

マラークは彼の頑固さが懐かしく、クスッと笑った。

「ミシュアルと申します」

マラークは跪いた彼の前に自分も跪いてその頬に手を伸ばした。

「よろしくミシュアル。お前に私の世話係を命ぜよう」

とその頬に口づけた。

ミシュアルは表情を変えずにそのまま

「もったいないお言葉。しかし主は」

と言ったところで、マラークはヘアカット用の椅子に座った。

「だからスティーブンなら私がベッドの上でお願いすれば何でもいうこときくよ」

<続く>

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



読了、お疲れ様でした。

web拍手をありがとうございます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]