忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
06 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09 . August

 

雫の動きが激しくなると羽根はまるで気が狂っているかのようにベッドの上をかきむしった。

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



体の奥から押し寄せるような快楽に突き動かされて理性などとっくになくしていた。

それほど気持ちよかった。
もう既に1度達してベッドの上を羽根の蜜で汚していた。
朱鳥はそんな羽根と雫をじっと見つめている。
ときどき雫が朱鳥に意味深な笑みを向けた。
それでも朱鳥は表情を大きく崩そうとはしなかった。
「かわいげのない奴・・・それに比べて羽根は素直で可愛い」
雫はそう言いながら羽根の体を奥まで突き上げる。
「ああっ・・・ひあぁぁ」
羽根は声が枯れるほど泣き声を上げていた。
やがて雫が掠れた声で羽根の耳元に囁いた。
「そろそろ出すけど、いい?」
羽根はコクコクと何度も頷くと、雫は更に羽根の体を激しく揺すり出す。
小刻みに打ち付ける羽根の腰を朱鳥はじっと見つめている。
羽根が2度目の蜜を吐き出すのと雫が羽根の中で達するのはほぼ同時だった。
雫の両腕がしっかりと羽根を抱きしめている。
羽根も雫の背中に回していた腕をしっかりと掴んでビクビクと体を揺らしながら余韻を味わっていた。
やがてズルリと雫が羽根の中から雄を引き抜くとそこからドクドクと雫が吐き出した蜜が流れ出した。
雫は横にいた朱鳥の長い髪を掴んで引き寄せる。
「何をしている?早く始末しろ」
と羽根の蕾に朱鳥の顔を近づけた。
「ああんんん・・・いあぁぁ」
朱鳥が舌先で羽根の蕾を舐め出すと羽根はまた感じているらしく、くねくねと体をくねらせながらもだえ出す。
だが雫は朱鳥の雄の先に輪のようなものをした。
「えっ?!何を・・」
流石の朱鳥も表情を変えた。
雫は羽根へではなく、朱鳥の雄を締めつけて達することを許さない。
そして冷ややかな瞳で告げた。
「そのまま羽根に入れてもいいぞ」
羽根も耳を疑った。
雫の見ている前で別の誰かになんて嫌だ・・・そんな・・・

<「恋占い」監禁部屋にて10へ続く>

 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまでした。

web拍手をありがてとうございます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]