忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
06 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

25 . January

 

気がついたら卑猥な言葉を叫びながら、

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



翔太に貫かれていた。

「ああ・・しょうたのが・・ぼくのなかを」
「なに、どうしてる?」
「擦って・・ああ・・いい」
「いいの?何がどんな風に」
「中がすごく・・ああ・・もっと」
光長は口にしている言葉が何を意味しているのかもわからなくなっていた。
とにかく翔太に突き上げられて気持ちよくてただ口にしている。
翔太は光長のようなきれいな顔をした男が卑猥なことを口にしながら、啼いている姿を満足そうに見つめて。
だがその都度翔太の雄も反応していた。それただけ興奮している。
「ああ・・もうイッちう・・」
「まだだめ・・ちゃんと説明してからだよ。何がどうしてイクの?」
「やぁ・・わかんない・・気持ちいい・・翔太のが気持ちいい」
「俺の何が?」
「んん・・ち・・んこ」
「イッてもててよ」
翔太は光長に全部言わせて満足だったらしく激しく光長の中を突き上げながら、光長が力を入れながら「イクッ」というと同時に力を入れて自分も光長の中に生温かい蜜を注ぎ込んだ。
お互いに抱き合ってビクビクと体を震わせながら力一杯にしがみつく。
翔太は光長の顔中に啄むような口づけを落とした。
ハァハァという荒い息をつきながらしがみついていた体を翔太から話そうとすると、翔太がグイッと力を入れてそれを止めた。光長は翔太の瞳を覗き込む。
「ねぇ、すごいことたくさん言ってたよ」
光長の顔が今更ながら朱に染まった。
「光長ってさぁそのギャップがたまらないよね。普段は清楚そうなのに、抱くと一気に乱れる。男ってそういうのに弱いんだよな」
サラサラと流れる髪をすくい上げながら光長の唇を塞いだ。光長はまだ余韻が残るようなねっとりとした翔太の口づけを受けていた。
そこに光長の携帯電話の呼び出し音が鳴った。
急に夢から覚めたように光長は脱ぎ散らかされた服のポットから携帯電話を取り出してためらった。
「どうした?」翔太が不審そうに着信画面を覗き込む
「雅秀?ふーん」意味深な瞳で光長を見ると光長は慌てて電話に出た。
「遅いな、研究員の味はどうだった?お前のことだ早速咥えたんだろ。ちゃんと一部始終上司の俺に報告しろよ」
「なっ・・・」
「ところで明日の朝早く出かける。ほどほどにしとかねぇと足腰立ねぇとかないようにな。そんじゃあ博士によろしく。おやすみ光長」
雅秀はまるでその場面を見ていたかのようなタイミングで電話をしてきた。自分が言いたいことだけ言うと電話を切られてしまった。
光長は実際にそうなっていた自分に恥じた。いくら酔った勢いとはいえ、会ったばかりでこんな風になった自分が悔しい。電話を握りしめて俯いていた光長の両肩を翔太が抱き寄せた。
「また酷いこと言われたんだな。どうやら君の上司も君にご執心なようだね」
苦笑する翔太に光長は
「まさか、あいつは僕が苦しむのが楽しくてわざといつも酷いことばかり・・・」
そう言う光長の顔を心配そうに見つめた翔太に光長は黙り込んだ。
「いや、愚痴ってもしょうがないね」
「なあ、君さえ本気になればここに残る話進めるけど、やっぱり戻りたい?」
翔太の言葉に光長は迷った。翔太は優しい。会話も楽しい。でも自分はどうしたいのかよくわからない・・・
そう考えるとなぜか雅秀の顔が脳裏を横切る。
「それはないだろ」
光長が呟くと翔太はそれが答えだと思って「そうか・・・残念だな」と言った。
それは違うというのも面倒で光長はそのまま苦笑した。
どのみち今ここに残る気などない。

<「弦月」温泉宿にて1へ続く>

 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまです。

web拍手をありがとうございます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]