忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
06 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

22 . January

 

今更やめられるわけがないと翔太は知った上でわざとそんなことを言った。
 
※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



光長は何も言わずに翔太の雄を握りしめたまま、その手を震わせている。

翔太は光長の下から光長の手に自らの手を添えた。ぎゅっと握ると光長にも翔太の雄の形がはっきりと脳裏に焼き付く。
それを光長の蕾にぐいっと挿れた。突然鈍い痛みが光長を襲う、それから光長の腰に両手を添えるとグイッと下ろしていく。ズブズブと光長の蕾に翔太の楔が埋め込まれていった。
「あああ・・いやぁぁっ」
「嫌じゃなくて・・ちゃんとやってくれないかな・・・これでも俺ナイーブなんだよね。それじゃあ俺が無理矢理君に入れさせているみたいじゃないか。もっといい顔しろよ」
翔太の片手が光長の歪んだ頬に触れる。
瞳に涙をたたえた光長は潤んだ瞳を翔太に向けた。
自らゆっくりと翔太のやや軽薄そうな薄い唇に触れた。翔太は待ちかまえていたように光長の唇を塞ぐ。薄い唇の間から待ちきれなかったように舌が動き出して僅かに開かれた光長の唇の隙間に滑り込む。光長の体の中は下からも上からも翔太の熱にかき回される。
「気持ちいいなぁ」
翔太の声は心底光長に酔っているようだった。唇から離れた唇は睦言を繰り返す。
「光長って呼んでいい?」
光長がごくりと頷いた。翔太は「ご褒美だよ」とグツンと腰を突き上げた。
「ああっ・・・」
光長の体の奥まで楔が突き上げて光長は悲鳴のような声を上げた。
「光長、動かないの?」
「はっ・・やめっ・・やっ」
翔太の腰が左右に揺らされると中の壁に翔太の楔が擦れて、光長の雄がビクビクと反応する。翔太は下から光長の雄に手を伸ばした。
堅く張り詰めて先の割れ目から透明の蜜があふれている。
「光長のここ気持ちよさそうだね」そう言われてもっと体が熱くなった。
「ねぇ、気持ちいい?」光長が頷くと翔太は「どこが?」とわざと聞いてきた。
「ここ」光長は翔太との接続部分をさして言う。「ここってどこ?」翔太は子供のようにしらばっくれる。光長は「なか」と小さく言うと「何の中?」とどこまでも言葉を操る。
光長の顔が赤くなる「・・・りの中」と小さく消え入りそうに呟くと翔太は「え、何?聞こえないよ、もっと大きい声で言って」
「お尻の中」光長が吐息混じりにそう答えると翔太は嬉しそうに「光長っていやらしいね。お尻の中が気持ちいいなんて言うんだ」自分で言わせておきながらそんなことを言われると更に興奮していく。
「ああ、感じすぎでこんなに光長のここ濡れ濡れだよ」
翔太が光長の雄に流れ落ちる蜜を指先で救った。「あ、汚れちゃったよ。光長舐めてきれいにしてよ」光長の蜜で光っている人差し指を口元に持ってくる。
それに口をつけただけで下が翔太を締め付けた。
「ああ、光長・・・いいよ君興奮するとすげぇ締め付けてくる。ねぇ、どこが気持ちいいんだっけ?」翔太の口に乗せられていく、次第に自分が何を口にしているのかわからない。
「お尻の中」
「こっちもお尻も誰が気持ちよくしてくれるの?」
「しょうた・・・」
「じゃあだれがだれのどことどこをどうしているのか教えて?」
翔太は言葉で興奮するタイプの人間だったらしい。光長は朦朧とした意識のなかで卑猥な言葉を羅列していく。
「翔太が僕・・・」
「僕って誰?」
学者のような細かいやりとり・・・
「翔太が光長のお尻の中と前を気持ちよくしてくれる」
「どうやってどんな風にが抜けてるからもう一回」
「ああっ・・んん」
翔太が下からグリグリと腰を回すと光長は跨ったまま崩れていく。それの髪を掴んだ翔太は光長の顔を覗き込む。
「最初なら全部言って」
「しょうたのが・・あっ・・光長のお尻の中を気持ちよくして・・・光長の前からいやらしい液体が流れてるの」
「何だよ光長すげぇ淫乱だな。じゃあ俺がもっとお前の中を気持ちよくしてやるから良い子にしてろよ」
翔太は光長の言葉に満足したのか跨らせたままの光長を繋がったまま体制を入れ替えた。
「あうっ」
「どうだ?光長がどうなのか全部聞かせて」
翔太はいちいち光長に言葉を求めてくる。光長は苦しそうに「中が擦れて・・ああっ」と言葉にならないのに満足する。
「いいね光長」耳元に囁いた。

<「弦月」翔太の部屋にて7へ続く>

 

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れ様です。

web拍手をありがとうございます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]