忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
06 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

17 . December

 

特急は止まらないまま夜になった。

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



 

どうやらここは寝台個室らしい。
さっき雅秀が注文した食事が個室に運ばれてきた。
プーンと良い匂いが光長の鼻をくすぐり食欲を刺激する。
そういえばろくに食事もしていなかった。
ワゴンに乗せられた食事はレストランのような洋食で豪華だった。
「パンで良かったか?」
普通に話しかけられると不思議な気がする。
光長は黙って頷くと雅秀はワゴンを引き寄せた。
「バターは?」
雅秀はワゴンに乗ったバケットを手にとって光長の顔を見る。
「ああ」
光長がそう言うと慣れた手つきでバターナイフを持ってバターを塗った。
そのパンを光長に差し出した。
普通に食事をしているとどこか懐かしいような気がしてくる。
手渡されたパンを手に持ったまま雅秀を見つめていると雅秀はフッと笑った。
「お前、変わらねぇな」
「は?」
「昔っから俺に見とれるくせがある」
自分がいつ雅秀に見とれたのかと言ってやりたかったが、パンが口に入っていた。
大体昔って言うほど長いつきあいじゃないし・・
「これとれるか?」
雅秀はそう言いながら光長の前に皿からサラダを取り分けてくれる。
他にも色々と光長に分けてくれた。
仕事の時も思ったことがあったが、雅秀は結構マメだった。
グラスにもいつの間にかワインが注がれていた。
「お前ってアルコール飲めるのか?」
と聞かれて「少しぐらいなら」と言うと「じゃあ飲め」とグラスを渡された。
喉が渇いたせいかひとくち口を付けるとまろやかな香りがおいしくて一気に飲み干した。
「うまいか?もっと飲め」
また酔ったら酷いことをされるかもしれない。光長はそう思うとさっき縛られて痕が残っている自分の手首に触れた。
それだけで体がカッと熱くなる。
雅秀はそれを見逃さなかった。
光長が顔を上げると真っ直ぐに黒い瞳が見つめていた。何も言わない。
ただ強い視線だけを向けられて光長は居心地が悪くて口を開いた。
「あの商家って一体何だったんだ?」
ずっと知りたかったが、聞くのが怖かった言葉が咄嗟に口に出ていた。
「あれか?あれはな」
雅秀の口元が上がった。
「そのうちわかる時が来る。それよりお前あの場所に見覚えはなかったか?」
そう言われてみると始めて行った場所なのに見覚えがある気がした。
「さっきから昔とか、覚えがあるとか、お前は俺の何を知っていると言うんだ」
雅秀の言葉には光長のことを昔から知っているというようなニュアンスが多く含まれている。
光長自信も雅秀と出会ってから変な夢を見るようになっていた。
「信じないかもしれねぇが」
雅秀はそこまで言うと「おっとせっかくの肉が硬くなっちまう。話は後だうまいうちに食え」
光長の皿に切り分けたステーキを置いた。
光長は雅秀の顔を見ながら肉にフォークを刺して口に運ぶ。
こんなところで食べるにしては本格的な旨さの食事に夢中になった。
食事を終えると雅秀はシートに横になって毛布を引き寄せた。
「お前も寝ておけ」
そう言うと眠ってしまった。

まるで会話を避けているように思えて光長はまた雅秀の寝顔を見つめていた。

 

<「弦月」特急列車にて5へ続く>

 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れ様でした。

web拍手をありがとうございます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]