忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
06 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

26 . March

 

早いものでここに来てから1ヶ月が過ぎていた。
 

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



 

そんな長い時間に雅秀からの連絡が来ないのが不思議だった。
やはり止めるのを無理矢理来てしまった光長に対して雅秀は怒っているのだろうか。
それとも彼の長い人生において、1ヶ月や2ヶ月など少しも長い時間ではないのかもしれない。
光長にとって救われたのは、月余がずっとここにいるわけではないと言うこと。
それなりの地位を持つ人だけに自由な時間も限られている。だから1ヶ月ここにいても実際に月余に呼ばれたのは最初の1回のみだった。
それが光長にとっては救われた。あんなことが毎日続けられていたら本当に気が触れていたかもしれない。
庭を散歩していると桜の花の膨らんだピンク色の蕾を見つけた。
少しでも温かい日差しがさせばきっと花開くだろう。
もうそんな時期が来るのだと光長は思った。あと2ヶ月間ここにいる約束をしている。
雅秀と離れてみるとこの時間はとても長く退屈に感じられた。
昔、雅秀と出会う前はそんな空しさなど感じたことはなかった。
例え彼女がいたときでさえ、離れていても寂しいなどと感じたことはなかった。
そう考えると雅秀と前世から結ばれていたというのは納得がいく。
ここの桜が満開になっても、その桜が全て散ってしまっても光長は雅秀に会うことは許されないのだろうか?
雅秀と永遠に一緒に暮らすためにここに来た。
今一瞬だけ辛抱すればそれでずっと一緒にいられるんだと思うことが何よりの光長の励みだった。
「いいこと教えてあげましょうか」
桜の木の向こうから花梨の声がした。今日はスーツではなく派手な着物を着崩しているところを見ると、昨夜は客の相手をさせられていたらしい。
庭の真ん中に立てられている東屋の濡れ縁に腰掛けて着物の裾をヒラヒラさせながら足をぶらぶらと動かしている。少し乱れた襟元から除く肌が少し艶めかしいのは、そこからちらりと見える赤い痣のせいだ。
「なんだ?」
光長は花梨の前まで歩いていく。
「まあ、座れば」
花梨は自分が腰掛けている横を顎で指した。
光長はそこに座って桜の木を見上げた。
ピンク色の蕾は枝先を赤く染めている。
「結構いいながめですよね。ここ、私のお気に入りなんですよ」
何となく可愛らしい仕草に見えたのは、彼の昨晩の相手のせいだろうか?
光長はいつもは無愛想な花梨がそんな風に見えるのを微笑ましく思えた。
「良いことあった?」
笑顔を花梨に向けると花梨は素直に頷いた。
「あのね、ここを出て一緒に暮らそうって言われたんだよ」
こんなに素直に語る花梨はとても可愛らしいと思った。
「そうか、良かったな」
光長まで心が晴れていくような気がして嬉しかった。
「うん。この桜が散るまでに向かえに来てくれるんだって、楽しみだな」
そう言って桜の木を見上げる横顔を見つめていた。
「そうだあなたに昨日の晩、お客が来ていたよ」
「えっ?!」
知らなかった。誰からも渡りは来ていない。ということは月余以外の客なのだろうか?だから光長に伝えることもなく帰してしまったのだろうか。
でも、心の中でそれが雅秀かもしれないと思っていた。
いや、それは願望であってそうであるはずがない。
大体雅秀だったら、花梨は最初からそう言うだろう。それを客というのだから知らない相手に違いない。
光長は少しだけ嬉しそうな顔をしてすぐに曇った顔になった。
「どうせまた僕を欲しいという客だろ」
「どうかな・・・僕にはよくわからないよ。でもあのまま帰っちゃったのかな?」
花梨はいつもよりも機嫌が良いせいか光長を気遣ってくれた。

<「弦月」早咲き桜の咲く木下で2へ続く>

 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまでした。

web拍手をありがとうございます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]