忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
06 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

13 . January

 

沖田は何回もセキュリティの厳しいドアを社員認証カードやテンキーで開けながら最後に指紋認証で扉を開けてようやく彼の研究室にたどり着いた。

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



 

かなり重要な研究をしていると見える。
確かにこれだけセキュリティが厳しいと出入りするのも面倒かもしれない。
「さあ、どうぞ」
光長はそういう沖田の顔を見つめていた。
「やっと着いたって顔してるね。まあ、慣れればどうってこと・・・なくないね。シャワールームや寝床もあって俺は殆どここに住んでるって言っても過言じゃないよ」
沖田はくしゃくしゃと頭をかいた。
その研究気質が光長は少し羨ましかった。
「これだけセキュリティが厳しいと出入りは面倒ですよね。中にいれば出られなくなることはないですからね」
光長も笑うと「そうなんだよ。君とは話が合いそうだね」「はい」
この会社に入って気さくに話せそうな相手に始めて出会えて光長は心底嬉しかった。
「そうだ、もし風間さんさえよければ食事もここでしませんか?俺こうみえても料理上手いし、酒もおいてあるんです」
「風間さんじゃなくて光長でいいですよ。それは楽しそうだ。色々とゆっくり話もできそうで楽しみです」
光長が嬉しそうにそう言うと沖田も
「俺のことも翔太と呼んでください。年齢は当然俺より下だと思うけど気にしませんよ。俺は今年で30歳になります」
「へえ、もっとずっと若く見えますよ。失礼ですが僕と同じくらいかと思いました。僕は28歳です。でもそんなに違わないですね」
光長は肩をすくめながら笑った。
「じゃあまず食い物作らないと何が良いですか?和食、洋食、中華とか」
翔太が奥に行って冷蔵庫を開けながら素材を確認している。思っていたよりも豊富に物が入っている。
「すごいなぁ、何でもできるんですね。一番得意なのか簡単なのでいいですよ」
光長は冷蔵庫を見ながらそう言うと「じゃああれだな」翔太は冷蔵庫から適当に食材をピックアップしていった。
それを手に持って平台のところまで歩いてきた。
光長もその隣に立った。
「何か手伝うことはあるかな?」
「いや、疲れてるんだしお客さんだから、できるまでそこのソファーでくつろいでいていいよ」
翔太は奥に置かれている大きなゆったりとしたソファーを指した。
光長は言われたとおりに「それじゃあ邪魔にならないようにここにいるよ」と座った。
翔太は気さくで光長は昔から知っている友人のように接することができて嬉しかった。
 
「きれいな肌しているな。髪もきれいだ」
翔太が囁く声で光長は待っている間にゆったりしたソファーで眠ってしまったことに気がついた。びっくりして飛び起きると翔太がぴったりと横に座っていた。
「はっ、すみません寝てたなんて」
間近に寄せられた翔太の顔にドキリとしながら体を起こそうとすると、その体を翔太がソファーの背もたれに押した。
「いいよリラックスして。俺は君みたいなきれいな男は久しぶりに見たよ。眠っていると本当にきれいだね」
「あ、いやそんな。それにきれいと言われてもそんなに嬉しくはないというか・・・」
褒められて顔が赤くなる。翔太の顔を間近でよく見ると一見軟弱そうだが顔は自分とは対照的に凛とした眉や目鼻立ちをしていて男らしい顔立ちをしている。
「君、男としたことあるでしょ」
突然そんなことを言われて光長はすぐに否定することができなかった。
「あ、やっぱりね。俺はそっち側の人間じゃないけどこれなら男でも良いと思うよ」
翔太の手が光長の頬に触れる。なんだか雲行きが怪しい。
元はと言えば自分が眠ってしまったからいけないのだが・・・せっかく友人だと思ったのにここでまた関係を壊すのは気が引ける。
「あの、翔太さん恋人は?」
光長は空気を戻そうとわざと女性の話題を振ってみた。
「先月ふられたばっかりで、ちょっと溜まってんだよね。一回で良いから相手してくれない?」
やぶ蛇だった。そう言うことだったのかと光長は納得はしたものの「うん」とはそう容易に答えられない。
翔太が光長の顔を目の前で覗き込んでいた。
「本当にきれいだね」
同時に唇が塞がれてしまった。すぐにその唇は開かれて翔太の舌が光長の口腔内を動き回る。

ああ、俺また流される・・・光長はそのまま瞳を閉じると翔太はそれを合意ととらえた。

 

<「弦月」支社にて5へ続く>

 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまでした。

web拍手をありがとうございます。

項目タイトルを失敗しました。支社にてじゃ長くなってしまいそうです。

あとでこっそりと変更するかもしれません。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]