忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
06 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

15 . October

 

「ああ、思った通りだ。少しだけ中に指が入るけど我慢して」

 

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[2回]



 

月余はタオルに液体を含ませてからゆっくりと蕾をよく拭いた。
ヒヤリとした感触で光長の蕾が僅かに動くと月余は眉根を寄せた。
「光長・・・・」
急にため息混じりの掠れた声が漏れる
「君は私を誘っているのか?」
その声は光長の耳元でする。
驚いて伏せていた顔を上げると月余の端正な瞳がすぐ目の前にあった。
形の良い唇が近づいてそのまま光長の唇を塞ぐ。
驚きに瞳を見開くが口の中にスルリと滑り込んだ月余の舌の巧みな動きでその瞳は閉じられた。
体が麻酔をかけられたようにだるくなり立てていた足も崩れてベッドに倒れ込むと
月余はその体を抱きしめていた。
(あれ、私は一体どうしたというのだろう)
抱きしめられた月余の体の一部が既に硬く熱を持っていることに気づいて、光長は慌ててその体を突き飛ばした。
「いたたたた。酷いね光長君」
ベッドから突き落とされた月余が立ち上がる。
「すみません・・でも」
「いや、私も悪かったね。君は酷い目にあっているから仕方ない。だがここからは少しだけ辛抱してくれないか」
月余が口元に笑みを浮かべている。
光長はごくんと唾を飲み込むと頷いた。
「じゃあもう一度尻を高く上げてこっちに見せて」
光長はのろのろと言われたとおりにする。
月余は高く上げられた光長の双丘を両手で掴んで開いた。
光長の蕾がヒクヒクと動いている。
「えっ?!何を・・・ひゃっ!」
光長は湿った感覚に驚いて顔を上げようとするのを月余に押さえ込まれた。
「じっとしていて」
「ああん」
月余は舌で光長の蕾を舐めていた。しゃべるとその振動が蕾に伝わる。
(こんなことが消毒?!僕は騙されているのか?)
光長はじっと我慢していた。蕾には懸命に月余が尖らせた舌をねじ込もうしている。
あの感触に光長は体中が熱くなってきた。
(おかしい・・・すごく恥ずかしくてたまらないのに何か変だ。早く終わらせてくれないと変になる)
強く握られた拳に月余の手が絡んでその手を開かれる。
ひとしきり月余の舌が蕾の入口を舐め終わるとやっと離れていった。
ホッとしたのはつかの間だった。
「ちょっと違和感あるかもしれないけど我慢してね」
そう言われて振り向くと月余は棒にガーゼのようなものが巻き付いてたっぷりと何かに湿らせたものを持っていた。
「それどうするんですか?」
恐る恐る尋ねる光長に月余は目隠しをした。
「怖いなら見ない方がいいね」
しかしこの状態で見えないと余計に怖い。
「ひっ!んっ・・えっ・・はっ・・」
その瞬間に蕾にその棒らしいものが
ゆっくりと入ってくると苦しくて息ができなくなってくる。
「ゆっくり息を吐き出して、落ち着くんだ。仕方ないな」
同時に柔らかいものが唇を塞ぐ。これは先程の月余の唇だと気づいた時には舌が入っていた。
歯裏からゆっくりと光長の口の中を舐めている。
同時に蕾に突き立てられた棒も擦るように出し入れされる。
「んんん・・んん」
自分でも驚くほど甘えるような声で月余にすがりついていた。
月余はそれでもゆっくりと棒を擦る。
次第に変な感覚に襲われて気が遠くなってくる。痛みの中から別の何かが生まれていることは絶対に認めたくはなかった。

だが月余にはもうバレていたようだ。

 

 

<「弦月」取締役室5へ続く>

 

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れ様でした。

web拍手をありがとうございます。

がんばれます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]