忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
06 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

19 . March

 

芳生は光長の近くににじり寄るとその背中に左手を添えた。

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



 

上下する手にゾクゾクと背中から甘い予感が広がっていく。
口に入れて悪戯していた指先を引き抜くとその手で光長の顎をとらえた。
「あんな男に渡すのは本当に惜しい・・・私もあなたをコレクションに加えたいとはじめてお会いしたときから思っていました。それには森本君が邪魔ばかりして、でも今回は邪魔もいませんからゆっくりと」
芳生がそこまで言うと、襖の向こうから桔梗の咳払いがした。
芳生は口元を上げた。
「桔梗、入りなさい」
光長にはこの男が何を思いついたのか、大体想像がついた。
どこまでも危険なことを思いつくこの男に惚れている桔梗は、すぐに部屋に姿を現した。
これから何が行われるのかも知らずに・・・
 
「やっ・・・あ・・・」
桔梗が目の前で苦しそうな声を洩らしている。高く上げられた白くてすべすべした丸い尻の狭間に男の雄を模した張り型を咥えさせられている。
芳生はそこから出ている張り型に指先で触れて時々強く押した。
光長は目の前に座らされて桔梗の痴態を見せつけられていた。
桔梗の雄から流れ出した透明の密が滴り落ちて畳にシミをつけている。
「桔梗は体のどこでもイける素晴らしい子なんですよ」
芳生が光長に向き直って口元を上げるのを見ながら、それは相手があんただから・・・と光長は思いながらぐっと言葉を飲み込んだ。
好いている相手だから普通以上に体が反応する。他の相手ではそうはいかないのだ。
だが光長は特別だと雅秀は言っていた。確かに巧みな手管に体は反応を繰り返し、苦しくなるほど快楽に溺れていく。自分でコントロールできずに・・・
今、目の前で桔梗の痴態を見せられているだけで、既に先が濡れていた。それを芳生には知られたくはなかった。
「あ・・ほう・・せ・・もう」
桔梗が高く上げた腰をいやらしく揺らしてながら芳生に潤んだ瞳を向けている。
「早いですね。もう少し我慢しないといけませんよ。せめてここにいる光長君があなたを攻めたくなる衝動に駆られるまで・・・とか」
芳生の切れ長の瞳が更に細められて光長を見る。光長は軽く左右に首を振った。
「ほら、まだらしいです。もっと良い声で啼きなさい」
芳生の長い指が桔梗の硬くなった雄に巻き付いた。
桔梗は瞳を見開いて何度もいやいやするように首を振った。
芳生はそんな桔梗を可愛がるようにもう片方の手でその顎を掴んだ。
桔梗の方から芳生に顔を近づけると、芳生はその花びらのように色づいた桔梗の唇に口づけた。
桔梗は畳についていた片手を芳生の首に巻き付ける。
「ん・・ふっ・・」
光長は頬を赤く染めながら満足そうな顔の桔梗を見つめてまた雅秀との口づけを思い出す。
体中が熱くなるのを感じて、座っていた畳から少しだけ腰をずらした。
芳生はそれを見逃さなかった。片手で光長の手首を引き寄せる。
いきなり引っ張られて驚いた光長は体のバランスを崩して畳の上に倒れ込んだ。
口づけながら桔梗の蕾から一気に張り型を引き抜くとその腰を倒れて仰向けになっていた光長の顔に押しつけた。
桔梗のすっかり固くなっていた雄が無理矢理光長の頬を押して開けさせられた口に押し込まれる。光長は両目を見開いた。
「桔梗、光長君が君の蜜をきれいに飲み干してくれるよ」
芳生が目を細めながら口元を上げていた。
桔梗はすっかり上気した顔で微笑みながらその腰を揺らしている。
「ぐっ・・うっ・・・んんん」
光長は両手で桔梗の体を退けようとあがいてみたが、芳生に既に反応していた自らの雄に触れられて動きが止まった。
「私は君を気持ちよくしてあげますよ」
芳生は光長のズボンのホックを外しながら脱がせていく。下着にシミができているのを知るとその上から人差し指で触れてきた。
「ん・・ふっ・・」
芳生は足の上に跨りながら光長の下着を脱がせた。
「全く、きれいな顔をしているのにこっちはいやらしい人ですね。森本君があなたに執着する訳がよくわかります」
芳生は光長の足を開かせる。
「んっ・・・んんんん」
だが口の中の桔梗は一層奥まで固くなった雄を入れ、喉まで塞がれて苦しくそれどろではない。

芳生の指先が光長の蕾に触れるとそれを歓迎してしまう自分の体が悲しかった。

 

<「弦月」再び商家にて9へ続く>

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまでした。

web拍手をありがとうございました。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]