忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
06 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

23 . December

 

光長がシャワーを浴びて出てくると雅秀の姿はどこにも見あたらなかった。
 

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



 

キョロキョロと自然にその姿を探している自分が滑稽で光長は濡れた髪をかき上げながら笑った。「馬鹿か俺は・・・」
ひとりになった部屋は人の体温を失ったようにひんやりとした感覚を覚える。
両腕で自分の体を抱えながらドライヤーをかけようと洗面所に行った。
鏡の前で自らの姿を見てギョッとした。
(これが俺なのか・・・)
化粧もしていないというのに肌は白く艶めいて見える。唇も赤く紅をさしたようだ。首筋から鎖骨、胸に散る薔薇色の痕跡は雅秀の口づけの痕だった。
鏡の前でバスローブの紐を解いて全身を映し出す。
雅秀のように胸に筋肉が盛り上がってはいなかったが、白い胸には申し訳程度の筋肉がついていた。それよりもその両方の胸に赤く染まった飾りが男を誘うように尖っている。
自らその先端に触れるとジンと痺れるような感覚が甦ってきた。
両方の手で同時にその先に触れると鏡の向こうの自分はいやらしく物欲しそうな顔をしていた。「こんなのは俺じゃない・・・」
光長は両手で尖りを強く捻ってみると下半身が熱くたぎっていく。
わずかに動いた雄が鏡に映し出され、見ていると次第にそれは大きくなっていった。
「やっぱり俺はおかしくなったのか?こんなの嫌だ」
そう思いながらも動き出す手は止めることができない。
光長は自らの雄に右手を絡ませた。ドクンと更に硬くなったのがわかる。
こんなことは早く終わらせればいい。
光長はその手を素早く上下に動かすと次第に息が荒くなっていった。
バタン!
大きな音を立てて洗面所の扉が開かれた。そこには口元を意地悪く上げた雅秀が鏡を覗き込んでいた。
「今日はしてなかったから自分でしないといられねぇ程か?それなら俺がもっと良くしてやるから安心しろ」
光長の両目が見開かれた。絶対に見られたくない場面を雅秀に見られてしまった。
雅秀に見られて動きを止めた光長の後ろに立って腕を組んだ。
「さぁて、俺の言うとおりやってみろ。ひとりでするよりも興奮するぜ。お前は淫乱だからな」
そんなことを言われると悔しい。脱ぎ捨てたバスローブを拾おうと手を伸ばすが、雅秀はそれを踏みつけた。
「誰が着ろと言った?俺はお前を手伝ってやろうとしていただけじゃないか。どうしてそんな嫌そうな顔をする」
バスローブを拾い上げることも許されずそのまま雅秀を見上げた光長はもう一度体を起こした。
「そうだ、じゃあ続きをしろ。俺は気にするな。何もしない」
後ろに立っていながら何もしないと言われて光長はためらっていた。すると雅秀は舌打ちした。
「ったく・・・手のかかる奴だなあ。じゃあ俺の言うとおりにすればいい。まず今お前がしていたように両手でその尖った乳首を摘んでみろ」
光長は鏡の中の雅秀の顔を見てためらう。雅秀は光長の両手を掴んでその胸に持って行った。
自分の胸に手が触れるとすっかり尖った乳首を摘む。ジーンと痺れが蘇ってきた。
鏡の向こうから雅秀がじっと見ている。そう思っただけで体が熱くなっていく。
「足を片方ここに乗せろ」
雅秀は耳元で囁く。雅秀に言われるまま正面の洗面台に片方の足を乗せた。
「もっと足を開け」
「くっ・・・」
光長がためらうと雅秀は容赦なく太股を掴んで開かせた。
鏡に光長の雄とまだ小さく赤い蕾が映し出される。
「やめっ・・」
「いいから、そこに指を入れてみろ。ほら」
光長の右手を掴むとその手を蕾に押し当てた。
「嫌だ」
光長が拒みその手で蕾を隠すと雅秀はあたりを見回した。
ふとアメニティの中から歯ブラシとブラシに手を伸ばすとそのパッケージを外して取り出した。
「これにするか」
光長の耳元に囁きながら歯ブラシを鏡の前に見せつけた。
隠している光長の手を掴むと歯ブラシを手に持たせて、耳に口をつけながら囁いた。
光長は首筋から甘い痺れが沸き起こると同時に目を見開いた。
「それをそこに挿れるところを見せてみろ」
光長か歯ブラシを持ったまま首を左右に振ると、雅秀は歯ブラシを持つ光長の手を蕾の前に持ってきた。
「やっ・・やだ」
「こら、力入れると傷つけるぞ」
手に力を入れて抵抗する光長に雅秀は囁きながらゆっくりと歯ブラシの持ち手の先を蕾に近づけていった。
「やめろ・・ああ」

<「弦月」シティホテルにて4へ続く>

 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れ様でした。

web拍手をありがとうございます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]