忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

17 . January

 

月深の唇は多分どんなきれいな女性のものよりも甘い

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[1回]



 

優翔は何度も月深の唇を舐める。
やがて僅かに開かれた唇の隙間から舌を入れた。
抵抗するように押し出した月深の舌はやがて優翔に押され奥へと逃げる。
それを絡めながら引き出していく。
大きく口を開けながら何度も月深のキスを味わっていた。
「ん・・くっ・・ちょっ・・・ん・・あ・・」
次第に激しくなっていく優翔の口づけに月深は僅かに抵抗する。
自分から唇を重ねてきたくせに
何度もしたくせに今更そんな初めてみたいな態度をとるなんて。
優翔は月深を抱きしめている腕に力が入る。
「んん・・ゆ・・ふ・と」
苦しいのか月深は懸命にその腕から逃れようとする。
優翔はそんな月深が余計に愛しく感じられた。
一度唇を離した。
「お前からここに来て俺を買ったくせに、嫌とか言うな」
ともう一度強引に唇を塞いだ。
月深は一度開いた瞳をゆっくりと閉じていく。
長いまつげを揺らしながら優翔の口づけを受けている月深を見ていると
どうして優翔が月深にただけこんなにも執着してしまうのかが少しだけわかった。
ひとしきり月深の唇を味わってからゆっくりと離れると
月深はソファーにもたれかかったままぐったりとしていた。
色白の肌が赤く染まって桜色に染まった頬
苦しさに涙に潤んだ瞳
ねっとりと赤く湿って少しだけ開かれた唇
今にもむさぼりつきたくなる衝動を翔太はこらえてグラスのにアルコールを注いだ。
ピンク色に輝くスパークリングがキラキラとシャンデリアの光に照らされて
まるで煌びやかな夢の世界の用だった。
「優翔、どうして」
月深の言葉で急に現実に引き戻されるが
月深の顔を見るとその手を握った。
「お前の世話にはなりたくなかった。自分自身でケリをつけたくてやり直すつもりだ」

月深はただ、優翔の瞳を呆然と見つめたままだった。

 <「更待月」月の光9へ続く>

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまでした。

web拍手をありがとうございます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]