忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24 . January

 

落ち着いてから月深が優翔へ手を伸ばすと優翔は後始末をはじめた。

※ここからは18歳以上の方のみとうぞ

拍手[0回]




 

月深の瞳が悲しく曇る。
「どうして・・・」
入れてくれないの?という言葉を飲み込んで
優翔からプイッと顔を逸らした。
優翔の手が伸びてきて月深の髪をかき分ける。
キスされると思った月深が瞼を閉じると思った通り優翔の唇がふわりとこめかみの辺りに触れた。
唇じゃないことが少しだけ不満だった。
そのまま風呂場へと歩き出しながら優翔が片手を開いた。
「おいで月深、一緒に行こう」
つまり続きは風呂場でっていうことだろうか?
月深は少しだけ期待してて背中を向けていた体をゆっくりと起こした。
ベッドから足を下ろしてて立ち上がると操り人形のようにフラフラと優翔の手を掴んだ。
「月深」
優翔の瞳だけが月明かりにキラキラと光っている。
こうして見つめると優翔は本当にかっこよかった。
もし月深がこんな家に生まれていなかったら
普通の大学生だったら
きっと普通に大学へ行って優翔と友達になって
一緒に遊んだり、勉強したかもしれない・・・
「どうした?」
心配そうに顔を覗き込まれて月深は首を左右に振った。
「別に」
「そうか、よかった」
優翔は月深の腰を抱いて風呂場へと行った。
「そこに手をついて」
優翔に言われるように月深は下に手をついた。
「もっと腰あげて」
それは・・・いくら何でも・・・
優翔は尻を優翔の顔の前に突き出せと言っていた。
やはりそんな恥ずかしいことはできない。
何度も弄られていても自ら腰を上げて優翔の前に晒すなんて・・・
月深はそのままぐずくずしていると優翔の手が月深の腰を上げさせた。
「あっ・・」

<「更待月」月の光14へ続く>

 

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまでした。

web拍手をありがとうございます。

おかげさまで20万HITを突破いたしました。

本当にありがとうございます。

今後もぜひお立ち寄りくださると嬉しいです。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]