忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

31 . August

 

その日も楓には客が来た。

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[1回]



 

いつものように桔梗は楓の支度を手伝う。
その黒くて美しい髪を剥くとその髪に指を絡めた時のことが甦る。
楓の吐息が虚ろに潤んだ瞳が桔梗の全身を熱くする。
鏡に映し出された楓の姿を熱い視線で見つめていると
楓は桔梗の視線に気づいて微笑みかけてきた。
「桔梗早く忘れることだ。私も忘れるから。それよりお前の水揚げの支度のことでも考えないといけないね」
水揚げという言葉に桔梗がピクリと反応した。
あんなことを自分がやられるのかと思うと怖くなった。
だが楓の気持ちよさそうな顔を思い浮かべるとその顔を他の誰にも見せたくなくなってくる。僕にだけ見せてくれればいいのに・・・
そんな思いで鏡の向こうに視線を戻すと真っ直ぐに楓の視線が桔梗を見つめていた。
「楓さん・・・僕」
「ダメだよ桔梗、お前は今いけないことを考えていた。今日はもう私の側にいなくても良いから椿の手伝いをしてきなさい」
椿というのは楓と同じく売れっ子の傾城だ。楓も今日は桔梗の顔を見ているのがつらいらしい。そう言って別の禿に身支度の手伝いを言いつけたのだった。
桔梗は仕方なく楓の部屋を出ると椿の部屋に向かった。
「えっ、2人の客?!」
「椿姉さん声が大きいです。はい、どうやら桔梗は決まったようです。て私も驚きました。」
「・・・!」
椿の部屋から聞こえてきた楓の噂話に桔梗は聞き耳を立てていた。
「それで?」
「最初から2人なんてあるんですか?」
すると別の禿らしい子の声がした。
「2人って何をするんですか」
「そりゃあ片方は口でもう片方は下の口で受けるんですよ。楓は得意だからきっとその下にいる桔梗も得意なんじゃない。普通はないでしょ」
そう言って椿と周りの若い子立ちが笑っている。
桔梗は呆然と立ちつくしていた。
「ひどい・・・そんなことない」

<「桔梗」13へ続く>

 

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまでした。

web拍手をありがとうございます。

週末は休んでしまいました。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]