忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
06 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

21 . July

 

「雫様・・・」
 
 

 

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



 

 
「ああ、頼む」
「かしこまりました。それでは1時間後に戻ります」
朱鳥はそう言うと車を降りて離れていった。
気がつけば辺りは静かな湖のようだった。
「ここは?朱鳥さんは?」
羽根の言葉に雫は何も応えないまままた、唇を塞いできた。
雫の舌が羽根の唇をゆっくりと舐めながら試すようにその首筋に這っていく。
ゾクリと体を震わせた羽根に雫は羽根の着ていた服のボタンを外していく。
「あっ・・・」
素肌に湿った唇が触れて羽根はその体温を感じて小さく声を上げた。
羽根のほとんど肉がついていない薄い腹から背中に雫の両腕が回された。
さわさわと触れられて羽根はくすぐたくて体を捻る。
それを両腕で捕まえられて、リムジンのシートの上に羽根の体が投げ出された。
心地良いシートの上で仰向けに転がされた羽根に雫は覆い被さってきた。
ああ、やっぱり俺ここで雫に抱かれるんだ・・・
どこか客観的に自分が抱かれるのを感じながら羽根はおとなしく横たわっている。
雫はそんな羽根の着ていた服を上半身からはぎとって、下も脱がせはじめた。
こんなに明るい場所で生まれたままの姿にされるのは恥ずかしい。
だが雫は何のためらいもなく羽根に一糸まとわない姿にしていた。
流石に羽根は両手で下半身を隠した。その手に雫の指が絡みつきからめとっていく。
気がつくと雫の顔が羽根の雄の前に置かれていた。
「いや・・見ないで」
羽根が顔を背けると雫は羽根の雄をペロンと舐めた。
「はっ」
羽根の声を聞いて気をよくしたのが雫は羽根の雄を舐め始めた。
「気持ちいい顔、ちゃんとこっちに見せて」
雫にそう言われて羽根の視線が自分の雄を咥える雫を見つめた。

<「恋占い」リムジンにて4へ続く>

 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまです。

web拍手をありがとうございます。

嬉しいです

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]