忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
06 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08 . April

 

どっちでも良いと思った。

 ※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



このまま雅秀と不老不死の化け物になったとしても、そうじゃなくても、あれは全て夢で本当は違っていたとしても・・・

ここにいる雅秀の体温は確かに人間のそれで温かく普通だった。
「電車の中でのこと覚えてるか?」
ぼんやりと考えていた光長に雅秀が問いかけてくる。あれは衝撃的な出会いだった。できることなら忘れてしまいたいと思っていたし、2度と男の顔など思い出したくもないと思っていた。
まさかこんな風に気持ちが持って行かれるなんて思ってもみなかった。
あれは犯罪だ。本人の同意もなくいきなり強引にねじ込まれた時の痛みと何よりも屈辱におかしくなりそうだった。その男が新しい会社の先輩だと知ったときは恐ろしかった。
思えば逆にあの時から月余は光長のことを知っていたのだろうか?
「恨んだだろう」雅秀が無表情のまま杯に酒を注いだ。
その言葉を聞いてハッとした。
出会いは必然だったと以前聞かされた。雅秀が前世からずっと光長に執着してようやく再会できたために突然酷いことをされたのだと思っていた。
確かに恨んだ。その後もさんざん酷い目にあわされながら、前世で恋人同士だからってどうしてここまで雅秀の思い通りにされなくちゃいけないんだろうと思った。
何よりも酷いことに慣らされていく自分の体とそれに流されてしまった心が痛かった。
こんなにも自分が雅秀に愛されていたのだと気づいたときは体中が震えた。
人にはそれぞれ違った愛し方があって雅秀の愛情はこんな風にしか表現できなくて、でも自分はそんな酷いことをされるのが好きなおかしな癖があるのだとばかり思っていた。
「嘘・・・」
本当のことに今始めて気づいた。
雅秀の欲望は確かにそうすることで満たされていったということは変わらないと思う。でも根本のところで何かが違う。
「なぁ、するか?」酔っているのか少しだけ顔が赤い雅秀は久しぶりだった。虚ろな瞳で改めてそう言われて光長は揺れる瞳を泳がせる。
「ったく・・生娘でもあるまいし、さんざん大胆なことしたり言ったりしたくせに、何なんだお前」言葉とは裏腹に嬉しそうな声が聞こえた。
なぜか光長は今、遊郭用の緋襦袢の上に鮮やかな花柄の着物を身につけている。雅秀はその襟元に手の平を滑り込ませて首筋に口づける。
強く吸われて離れるとすぐに白い肌が鬱血した。雅秀はその跡に触れながら光長の上体を畳の上に押し倒した。
光長は見下ろしている雅秀に微笑んだ。
「嫌われたかったんだ」
頬から耳の辺りに触れていた雅秀の手のひらから僅かに緊張が感じられた。
「違うな」わざと口元を意地悪く歪める癖は、光長に意地の悪い印象を植え付けるため。
でもそんな顔さえも見慣れてしまうと甘い予感へと変わっていく。
雅秀の手のひらに自らの指先を重ねながら光長は瞳を閉じた。
すぐに噛みつくような口づけが光長を襲う。
短く声を発しながら雅秀の口づけに答えると雅秀の指先は光長の背中から下へと激しく上下した。
「ほんとう・・は・・・どう・・なの」
光長が合間に尋ねると雅秀はわざと口を塞いで言葉をしゃべらせまいとしていた。
着物の隙間から手を入れて足の間だから後ろに伸ばすと既にヒクヒクと収縮する光長の蕾を指先で突いた。
「あっ・・」
刺激を加えれば光長はおとなしくなると思われているらしく、雅秀はわざと光長の体の良い場所ばかりを口や指先で追い詰めていった。

<「弦月」満開の桜の木の下で3へ続く>

 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れ様でした。

web拍手をありがとうございます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]