忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
06 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

17 . March

 

光長はあれからもう一度眠ってしまったらしく、花梨に声をかけられて目を覚ました。
 

 

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



 

「朝食はこちらに運びますか?ダイニングかそれともお天気も良いので庭で取られますか?」
「う~ん、君も一緒に庭で食べないか?」
光長の提案に少しだけ花梨が動揺した。が、すぐにいつもの彼に戻った。
「私は結構です」
「そんなこと言わずに、つきあえよ。ひとりじゃうまくない」
シャワーを浴びに浴室に向かいながらそう言うと花梨は無言のまま着替えの準備を始めた。
浴室から出て着替え終わると、庭に朝食の支度が調っていた。
テーブルの上には2人分の食事が用意されている。こんな風に無愛想でもちゃんと光長の要望を聞き入れてくれることがなんとなくおかしくて、光長はクスリと笑った。
「あなたが望んだ事じゃないですか、長いつきあいになるなら少しでも円滑に過ごした方がいいでしょう」
花梨はすこし頬を膨らませた。
それがまた可愛らしいと思ってしまう。
ニコニコとテーブルに座ると向かいの席に花梨も座った。
「本当にそんな薬があるなんてあなたは信じているんですか?」
唐突に尋ねられて光長は水の入ったグラスを持ちながら花梨を見た。
「なんだ、聞いてたのか。君ならどう思う?」
逆に尋ねてからグラスの水を口に含んだ。
「私は信じませんよ。実際にそうだとしても永遠の命なんか欲しくない」
「ふうん、でも桔梗君なら欲しいかもしれないね」
今度は花梨がクスリと笑った。
テーブルの上のサラダに手を伸ばすと自分の皿に取り分けた。
「おいしい。うちの料理人は優秀なんですよ。全部社長が引き抜いてきた人ばかりだ。社長は確かに魅力的な人だけど、あの人は私たちのことを使用人としか思っていない」
淡々と話す花梨も表には出さなくても芳生のことが好きなのかもしれない。
以前来たときもそんな感じがしていた。
「だから不満なの?自分に振り向いてくれないから、桔梗ばかり可愛がるから」
光長が花梨に尋ねると花梨は食べ物を片っ端から口の中に放り入れながら
「私は桔梗とは違うと言ったじゃないですか!それよりご自分の心配でもした方が良いんじゃないですか?!あいつ前もあなたに酷いことしてましたよ。あなたは拷問のような仕打ちを受けたじゃないですか」
光長は記憶を消されて何をされたのか覚えていなかった。
だからここにも来られた。酷いこと?でも知らない方が幸せだと思っている。相手も知らない方が良いに決まっている。
「心配してくれるの?」光長は花梨を見つめると彼は頬を赤くして視線を逸らした。
「いくら何でもあれは酷すぎです。社長もおかしいですよ・・・あんなの・・」
そんなに酷い目にあったのだろうか?気づいたら体が酷くだるかったことしか知らない。
花梨の言葉を聞いても今更逃げる訳にもいかない。
光長はふと夢の中で見た雅秀の顔を思い出した。それからフッと笑った。
「いいよ、ありがとう。僕は大丈夫。今更どんな目に遭おう傷のつく体でもないよ」
それよりも永遠の命が欲しいのだろうか?自ら好きな相手を裏切ってまでして欲しいのだろうか?いや、どうせ長く生きながらえるのであれば、そんなことはすぐに忘れてしまう。
少しぐらいの痛みがなければ欲しいものなど手には入らない。
「そうですね私が口をだすことじゃないですね」
流石に余計なことを言い過ぎたと花梨は口をつぐんだ。
「君は何が欲しいの?」
「桔梗」
花梨は食べながら顔も上げずに答えた。
「私たちは前世で恋人同士だったんです」
淡々と答えた花梨はやはり前世のことは信じているらしかった。
「それより、あなたはここから出て行った方がいいと私は思いますよ」
そんなことを言う花梨に光長は驚いた。
彼の顔を見つめていると、ようやく顔を上げた。
「誰よりも大切な人がいるなら、こんなとこにいたらいけない」
なんだか花梨が自分よりも大人びて見えた。

<「弦月」再び商家にて7へ続く>

 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまでした。

web拍手をありがとうございました。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]