忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24 . March

 

優翔が嵐と一緒に部屋に戻ってくると、もうどこにも月深の姿は見あたらなかった。
 

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[11回]



 

それでも懸命にその姿を探し続ける優翔に和真が
「早く行けば間に合うかもしれない」
という言葉でようやく優翔は部屋を出た。
エレベーターを下りるとすぐに駐車場に向かった。
月深を乗せた虎角の車はすでに出てしまった後らしい。
駐車場には中央に止められた嵐の車と奥に数台の従業員の車らしい地元ナンバーのモノしかなかった。
「行くぞ」
和真が先に運転席に乗った。
続いて嵐も後ろに乗ると優翔も助手席に乗り込んだ。
「まだ、そう遠くへは行ってないとは思うが、まぁ行き先は大体わかるから慌てることもねぇか」
嵐はシートに座ると足を組んだ。
「行き先って?」
優翔がミラー越しに尋ねると嵐は笑った。
「虎角だろう」
「なるほど、もう戻るしかねぇな」
それを聞いて和真が車を動かした。
こんな時だというのにホテルの従業員がホテルの玄関に並んで嵐達の車を見送った。
月深はどんな思いで竜一と出ていったんだろう?
優翔は流れる景色を眺めながらそんなことを考えていた。
「なあ、優翔。お前いい加減鳥取に関わらない方がいいんじゃねぇか?」
嵐が煙草に火を付ける。
優翔は窓の外を見つめたまま
「今更・・・俺はあいつに恩返ししたいだけだ」
和真は黙って運転している。
「あの虎角って奴はどうも好かねぇ。この業界でもあいつのやり方は強引で一目置かれてたが、鳥取太陽が捕まっていない今、あいつに太刀打ちできる男はまずいねぇ。強いて言えば月深はそのうちの一人なんだが、月深はあいつに相当甘く見られちまってるからな」
「月深ならどうにかできる」
優翔はようやく振り向いて嵐を見つめた。
「ああ見えてもあいつは強い」
その言葉に嵐は笑った。
「よく知ってるじゃねぇの」

<「更待月」月の砂24へ続く>

 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまでした。

web拍手をありがとうございます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]