忍者ブログ
オリジナルBL小説置き場です。 ハードでありながらグロくならない小説が読みたいと思って立ち上げました。 多分陵辱、複数とかもあると思います。 大丈夫な方のみご覧ください。 また、当小説の登場人物、団体等は全て架空の設定です。 ※基本18禁です。 拍手画面も18禁にしました。 大丈夫な方はぜひ!!
11 . July
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03 . March

 

そのころ優翔はちょうど下のラウンジに降りていた。
 

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[0回]



 

窓の外に広がる湖とその周りに点々と浮かぶ光を眺めながらグラスを傾けていた。
部屋では今頃嵐と和真が水入らずで楽しんでいるのだろう。
全く何のためにこんなところまで来たのかわからない気がして、優翔は小さくため息をついた。
何気なく振り返って優翔の視線が、ないはずのものをとらえて釘付けになる。
「つきみ?!」
小さく呟くのと動き出すのが同時だった。
素早くエレベーターホールの前に走る。
「えっ?!」
驚いたのは優翔だけではなかった。
目の前で裸同然の男が呆然と目の前にいる優翔を見上げている。
幸いシーズンオフの観光地ではホテルを利用する人も殆どなく、月深の姿を見る者もいなかった。優翔は素早く自分の着ていたカーディガンを脱ぐと月深の素肌に掛けてやる。
「体が冷たい。風呂に行って温かくしよう」
優翔はカーディガンをかけた月深の肩に腕を回して歩き出した。
月深はカーディガン越しに優翔の温もりを感じてその手に自分の手を乗せた。
それだけで優翔には何かが伝わったのか優翔の体が月深に寄せられて全身に優翔の体温を感じた。
エレベーターが開いて乗り込むと優翔は大浴場のある階のボタンを押した。
扉が閉まると同時に月深の体は優翔の腕に抱き寄せられていた。
噛みつくようなキス
でも嫌じゃない・・・
優翔の唇・・・
月深はこの感触が好きだった。

<「更待月」月の砂15へ続く>

 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


読了、お疲れさまでした。

web拍手をありがとうございます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
拍手をいただくとすごく励みになります。 感想、コメントなどもどうぞ
参加中です。 ポチッとご協力感謝します。 ネット小説ランキング にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手コメントレス



薄桜鬼 第1巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
プロフィール
HN:
run
性別:
非公開
趣味:
アニメとか読書とか同人とか
自己紹介:
ハードなのにグロすぎないBLを目指しています。
強姦、陵辱、鬼畜、道具等を含みますのでご注意ください。また、18歳以下の方の閲覧を禁止します。

二次活動もしているので二次の原稿が忙しくなると、更新が止まったり止まらなかったり(*^▽^*)

時代物「蜜月」完結。少し流血含みます。
遊郭物「梨の花」「桔梗」完結。
リーマン物「弦月」完結
ヤクザ物「更待月」完結
※サイト内の全ての画像及びテキストの複製、無断転載、無断使用の一切を固く禁じます。

Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.
drawn&written by run
最新コメント
[03/27 run]
[03/25 Rink]
[10/26 run]
[10/25 Rink]
[11/05 Rink]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]